生理痛・PMS対策おすすめサプリ口コミと体験談

生理痛、PMS、女性の憂鬱を緩和してくれるサプリメント、便利グッズをご紹介!憂鬱イベントをステキな7日にしよう

*

生理痛・PMS簡単すぐできる緩和方法

   

 生理痛・PMS緩和方法

生理痛のひとつ腹痛と言っても、子宮をわしづかみにされたような感じ、下腹部に重い石が入れられたような鈍痛、子宮口を鋭いもので刺されたような鋭痛、内側からドンドンと鈍器で殴られているような感じなど様々ですが、共通して言えるのは、とても「つらく、痛く、ひどく、重い」ということ。生理痛がある、生理不順があることは女性ホルモンが乱れている証拠。それは女性を女性らしくキレイにする物質が乱れている証拠です。真のステキ女子になるために、女性ホルモンを整えましょう!

緩和できるならそれに越したことはありません。

さらに生理は女性の健康のバロメーターであり、生理の好調不調で自分のカラダと心が元気なのか疲れていることが一目瞭然です。生理は女性ホルモンに大きく影響を受けていますが、女性らしい体つき、スタイル、美肌や胸、綺麗な髪の毛など女性が女性らしくいるうえで欠かせないこれらを管理しているのも女性ホルモンです。

生理痛がある、生理不順があるということは、女性をキレイにする女性ホルモンが乱れている証拠です。

真のステキ女子は外も、そして中も綺麗にするものです。
つまり体の中から綺麗を作り出しましょう!体の中から綺麗にするには体の健康が不可欠です!

さらに生理痛、生理不順を放っておくと、子宮内膜症、子宮がん、不妊症、子宮筋腫といった婦人科系の病気のリスクが高まります。これを「仕方ない、体質だから」と諦めてしまっては大問題です!!

簡単に誰でも家で出来る緩和法をまとめました。

歩き方は大股開きで卵巣を刺激

大股で歩くと卵巣を刺激するだけでなく、骨盤底筋を鍛える事でき、生理痛を緩和させます。よく歩く、しゃがむ、ストレッチをすることは生理痛緩和法です歩くときに大股で歩くと、足の付け根にある卵巣を刺激し、血流を良くします。

 

 

 

 

歩く、しゃがむ、背伸びする、で骨盤底筋を鍛える

現代女性は歩くことが少なくなり、ずっと座って作業する仕事が増えました。そのため子宮を支える骨盤底筋が衰え、生理時に骨盤をスムーズに開閉することが困難になってきました。昔の女性と今の女性の大きな違いは下半身の使用頻度!
便利なエレベーター、エスカレーター、ルンバに頼らず、一駅分歩いたり、屈んで床を拭いたりして日ごろから骨盤底筋を鍛えましょう!!

冷えは生理痛・生理不順の大敵!

女性の1/2人は冷え性と言われています。夏でも足先が冷えているような人は、内臓も冷えているはず。
おなかを触ってひんやりしていたら、子宮卵巣も当然冷えています。
体が冷えることで起こるのはうっ血。カラダが温まっていると血管が広がり健康に血液循環が起こりますが、冷えている場合は血液が滞り、筋肉が凝ってしまいます。

ご存じのとおり子宮も筋肉でできていますから、「子宮コリ」というものがあります。

子宮は本来ふんわりやわらかいものですが、血流が滞るとカチカチに凝ってしまいます。そうなると当然月経時の経血排出もスムーズにいかずギクシャク。痛みが伴います。

冷えは生理痛、生理不順の大敵!!

冷えを改善することに力を注ぎましょう!

体を温める食べ物で冷え対策

ナッツは体を温め、血をサラサラにする効果があり、生理中の女性が摂ることが勧められている食べ物です玄米、体を温める生姜・根菜・小豆、血行を良くするナッツ類・かぼちゃ・パプリカなどがおすすめです。

逆にコーヒー、緑茶といったカフェインの入った飲み物やカプサイシンの入ったピリ辛の料理は体を温めるように思えて冷やす食べ物なので生理中に食べたり飲むのはおすすめできません!さらに夏野菜や水分量の多い果物も体を冷やします。

生姜湯で冷え対策。生理痛を緩和する飲み物生姜は生をすりおろして食べると体を冷やしてしまいますし、100度を超えたお湯でグツグツ煮てしまってはシンゲロールという体を温める栄養素が逃げてしまいます。一番いいのは100度に満たない70-80度で5-6時間煮つめてつくる「生姜湯」。
すごく辛く苦いですが、数口飲むだけで体がポカポカしてきます。スロークッカーで作りましょう!

 

体を温める入浴法で冷え対策

生理中は半身浴で体を温め生理痛を緩和させよう36度くらいの少しぬるいくらいのお湯に30分半身浴しましょう!
入浴中はそとからおへその下(子宮があるあたり)を気持ちいい程度に「の」の字にマッサージ。

生理中は入浴はしたくないという場合は、41度くらいの熱めのお湯をためて、足湯をしましょう。シャワーだけではどうしても体を温めることはできません。

骨盤底筋、子宮を伸ばすストレッチで冷え対策

骨盤を広げるストレッチで生理痛緩和骨盤を広げるストレッチ、卵巣を刺激するストレッチは下半身の血流を促します。

例えばしこを踏む時の恰好、大股を開いた状態でのスクワット、立った状態で片方の膝を抱え込むストレッチなどが効果的です。またおなかが痛い時は丸め込むような姿勢をしがちですが、痛がっている時は臓器が緊張しこわばっているので、臓器の周りに隙間を開け、伸び伸びさせてあげる方がいいので、丸まらず伸びをし、臓器の緊張をほぐしてあげましょう!

子宮を温める便利グッズを使う

助産婦さん監修!座るだけで温かゆたんぽ

体を温めるグッズは色々ありますが、特におすすめなのが、この助産婦さんが開発に携わった生理痛、妊活グッズです。

座るだけで下半身の冷えが解消され、リラックスもできるという事で大人気!

よもぎのパット入りで座るだけで下半身がポカポカ!韓国で流行ったよもぎ蒸しのような気持ちい感覚が家で座るだけで体験できます^^

布ナプキンで下半身をポカポカ温める


nunonaの100%オーガニックコットン布ナプキンは生理中デリケートゾーンにあてるだけで、下着を重ね着しているような効果があり、冷えが改善し生理痛、生理不順が緩和したという報告が多く寄せられています。
紙ナプキンは水分を良く吸収ときに一緒に熱まで吸収してしまい、下半身を冷やしてしまいます。

ごみを出さず、自分で洗って何度も使えて生理痛を緩和する布ナプキンが若い女性の間で流行っています!
nunonaは初めての人のためのスターターセットもあるのでとっても安心。

健康・ダイエットランキング

 - 生理痛・生理不順緩和法