生理痛・PMS対策おすすめサプリ口コミと体験談

生理痛、PMS、女性の憂鬱を緩和してくれるサプリメント、便利グッズをご紹介!憂鬱イベントをステキな7日にしよう

*

生理不順ってなに?その原因と簡単4つの改善法

   

previewイラスト提供freepik

 生理不順ってなに?

女性ホルモンの乱れや環境の変化の影響などを受けて、健康な生理周期と言われている25-38日から外れている場合を生理不順といいます。

生理周期は「前回の生理が始まった日」から「今回の生理が始まった日の前日」までを数えます。

生理不順を整えよう。28日周期が一番健康で子宮卵巣に負担のかけない周期です。

これは子宮内膜症の私が服用している低用量ピルですが、このピルは服用開始月は生理の2日目から毎日欠かさず飲み、22日ー29日目は一週間服用をお休みします。それを続けていくうちに薬のお休み期間と生理期間が重なるようになり、生理中はピルを飲まなくてもよくなります。それが一番理想的で、女性ホルモンバランスと薬のバランスがあっている状態です。

ここからも医学的にも健康的な周期は平均28周期だということがわかります。

生理不順の種類、頻発月経と稀発月経

頻発月経・・・24日より短い周期で生理がくること
稀発月経・・・39日より長い周期で生理がくること

頻発月経は生理が終わって二週間くらいで第二弾の生理がくるわけですし、稀発月経ともなれば、一か月半生理が来ない訳ですから、健康的とはいえません。周期が早すぎても遅すぎても子宮内膜症や子宮筋腫の危険性を高めるだけでなく、 子宮や卵巣を過度に疲れさせ、生理痛がきつくなります。

生理不順は女性ホルモンが乱れている証拠

そもそも生理不順の原因はなんでしょうか?

生理不順は黄体ホルモンと卵胞ホルモンといった女性ホルモンが乱れていることからおこります

女性のカラダは一週間ごとに二週類の女性ホルモンが上がったり下がったりして

●黄体期
●排卵期
●卵胞期
●黄体期

と変化しています。周期が乱れているという事は女性ホルモンが乱れ、四期の変化がうまくいっていない証拠です。
女性ホルモンは脳の視床下部というところでコントロールされています。脳の視床下部は女性ホルモンを統括するだけでなく、自律神経、免疫力も一緒にコントロールしています。女性ホルモンが乱れると、それに影響され自律神経や免疫力のバランスも崩れます。生理不順が起こった月はいつも以上に気持ちが乱れたり、イライラしたり、疲れやすかったり風邪をひいていたりする場合があるのはこのためです。

また女性ホルモンは美肌やダイエットなど女性らしい体をつくるうえでも一役買っています。女性が綺麗に女性らしくいるために作用する女性ホルモンが乱れていれば肌荒れが起こったり、体がむくんだり、痩せにくかったりします。
女性には一大事ですね!

女性ホルモンを乱す原因とは?

無理なダイエット、ストレス、不規則な生活は女性ホルモンを乱し、生理不順生理痛を悪化させます。よく睡眠をとり自分なりのリラックス法を見つけることで薬に頼らなくても生理痛、生理不順を改善することができます。女性ホルモンを乱しやすい原因は案外身近にあるものです。いつもは生理周期が正常なのに今月は大幅に乱れたという事がある場合、その月の生活環境を見直してみるのは大切です。

無理なダイエット

ダイエットだけでなく体重の急激な変化でホルモンバランスは乱れると言われています。
体重がいきなり大きく変化することが原因ですので、ストレスで一か月で5キロ太った!という場合も生理不順を引き起こすことがあります。

精神的ストレス

職場での圧力、人間関係、恋人とうまくいってない、最近別れたといった心を疲れさせる精神的ストレスは自律神経を乱します。前述のとおり、自律神経が緊張すれば女性ホルモンが乱れます。脳の緊張は子宮に伝わります。脳が緊張状態でドーパミンがたくさん出ると子宮も緊張して固くなり、収縮してしまいます。
ストレスは「楽器の絃」と同じ。絃は張りすぎると切れてしまい、緩みすぎると音が出なくなるようにほどよいバランスが大切です。少しのストレスは人を成長させることもありますが、それが長期に続くと心と脳を疲れさせ、結果体のいろんなところに影響を及ぼします。

 

環境の変化

4月に生理不順が起こる方多いのには理由があります。これはこの時期に引っ越し、結婚、留学、下宿、新学期、入学、入社など、
環境が大きく変化し、新しい環境になれるまでストレスを感じる要因が多いからです。

環境が変化するといつも以上に神経を使うため体が疲れやすくなります。疲れて免疫力が低下すると同時に女性ホルモンも乱れ、生理不順が起こりやすくなります。気が抜ける5月ごろ風邪をひいて熱が出て、生理痛も悪化するという事もよくあります。しかもこの時期の疲れは、体は疲れているのに脳は興奮しているため、疲れを感じにくく、疲労をため込みやすいので注意が必要です。

慢性的な生理不順は無排卵かも?

一時的な生理不順の場合、上記のような環境の変化やストレスが体に影響を与え起こっている場合が多いのですが、慢性的に生理不順の場合は婦人科に行くことをお勧めします。

慢性的に生理が乱れている場合、排卵が正常に起こっていない場合があるからです。

経血が毎月出ているからと言って必ずしも排卵が正常に起こっているとは限らず、子宮内膜が排出されているだけかもしれません。生理のように経血は出ているけれど、排卵が起こっていないことを「無排卵月経」といいます。

無排卵月経を放っておくと不妊になりやすく、若い時はいいかもしれませんが、いざ赤ちゃんが欲しいという時に不妊治療に時間とお金を費やさなければならなくなり、精神的にもストレスを感じやすくなります。結婚や妊娠の計画がまだなくても早期に改善する努力をしていきましょう。

無排卵かどうか一番簡単な方法は「基礎体温を測る」ことです。



超便利!!

眠っている間に衣服内の温度を自動で計測してくれる、画期的な女性用温度計「らん’sナイトセルフ」。
夜寝るときにパジャマやショーツに挟んでおくだけで、眠っている間に女性特有の周期を計測してくれる画期的な基礎体温計です。

生理不順の改善方法

生理不順の原因を改善

まず一時的な生理不順であれば、生理不順になりえた原因を見極め、それを改善もしくは取り除くようにしましょう。
ストレスは簡単には取り除けないものですが、呼吸法だけでストレスを大きく改善することもできます。

  • ベッドで横になり目を閉じます。
  • 体全体の力を抜いて床に全体重をかけるのをイメージ。
    カラダのどこも力が入っていないようにします。
  • 5秒吸って10秒かけて吐く。
  • 右手にカイロをもって揉んでいるのをイメージ。右手が熱くなってきたのを感じて・・・。
    (右手⇒左手⇒右足⇒左足の順でイメージ)

リラックスした状態でする深呼吸は副交感神経を高めてストレスを軽減。
さらに子宮をマッサージして温めてくれるので生理痛、生理不順には効果的です!

子宮の収縮を改善

健康的な子宮は生理の時にふわっと柔らかでスムーズに伸びたり縮んだりします。ストレスや脳の緊張も子宮を収縮しますので、それらを取り除くことで子宮をふわっと柔らかいものにできます。

それだけでなく「冷え」も子宮をカチカチにします。おなかを外から触ってヒヤッとしたり、おしっこを触ってあったかくなかったら内臓が冷えている証拠です。カラダを温める食べ物、飲み物を意識的に摂り、体を温める格好も心がけましょう。

グッズに頼るのも効果的です。最近は生理不順、生理痛を改善する目的で作られた冷え対策グッズも増えています!特におすすめなのがこの2つ!!

よもにん

助産婦さんが開発に関わった、よもぎのパット入りで座るだけで下半身がポカポカになれるゆたんぽです!
韓国で流行ったよもぎ蒸しのような気持ちい感覚が家で座るだけで体験できます^^
生理痛、生理不順、妊活中の女性の冷え対策目的で作られた「女性のための湯たんぽ」ですね

布ナプキンnunona


nunonaの100%オーガニックコットン布ナプキンは生理中デリケートゾーンにあてるだけで、下着を重ね着しているような効果があり、冷えが改善し生理痛、生理不順が緩和したという報告が多く寄せられています。
紙ナプキンは水分を良く吸収ときに一緒に熱まで吸収してしまい、下半身を冷やしてしまいます。

ごみを出さず、自分で洗って何度も使えて生理痛を緩和する布ナプキンが若い女性の間で流行っています!
nunonaは初めての人のためのスターターセットもあるのでとっても安心。

歩いて子宮をポカポカにし子宮を元気に!

歩くだけで子宮は活発になり元気になります。それほど現代の女性は歩き不足だということです。

特に大股で姿勢よく歩くと、足の付け根にある卵巣が刺激され、血流がよくなり、結果的に子宮もふわっと柔らかい元気な子宮になります。

わざわざウォーキングをするのが大変でしたら、一駅分会社まで歩く、エレベーターの代わりに階段を使ってみるといったことから始めましょう!元気になるだけでなくお気に入りのお店やカフェも見つかったり、季節の変わり目にいち早く気付いてさわやかな気分にもなれますよ^^

代謝を良くする野菜を摂って冷え対策

体を温める野菜、血をサラサラにしてくれるビタミンE、生理中のイライラを抑えてくれるビタミンB6、子宮をスムーズに動かしてくれるマグネシウム、貧血を和らげる鉄分など冷えや生理不順を緩和できる栄養素はすべて自然界にあります。
体に必要な栄養素がしっかり毎日の食事からとれていれば、本来このような問題は起きないという事。

ということは十分な野菜から栄養素を摂れば、生理痛、生理不順、冷え、さらには他のカラダの不調は改善できるという事ですね!でも問題は毎日バランスよく摂れないものです。それがいっぱいのシェイクで摂れればお手軽だと思いませんか?

このサイトを運営しています私も毎日夫と一緒に豆乳でシェイクし愛用中です。便秘、肌荒れ、生理痛にかなりお勧めです。

50種類以上の果物、野菜、ハーブの栄養素配合!一回飲むだけで一日あたりの推奨摂取量の100%以上に相当する必須ビタミン、カルシウム、マグネシウム、ミネラルを補給できます。ライフプラスのデイリーバイオベーシックス。これが女性にすごく嬉しい理由は?代謝がよくなり冷えが改善!体が冷えると血のめぐりが悪くなり、毛細血管が縮んでしまいます。血の巡りが悪いと子宮もカチカチにこってしまい、生理痛がひどくなります。それだけでなく基礎代謝が低下し、ダイエットしてもやせにくい、疲れやすい、肌荒れしやすいなど、女性にとって悪いことだらけです。不足した栄養素を補いことで。カラダの基礎代謝を促し、体の中から熱を発し冷えを改善します。生理痛緩和、生理不順改善、冷え緩和に役立ちます。生理で失う栄養素を補給!血の巡りを改善。生理は女性にとって実は体にとても負担のかかるイベントです。出血により鉄分はもちろん、亜鉛、ミネラルなど大切な栄養素が排出されてしまいます。デイリーバイオベーシックスは心身ともにベストな状態で一日過ごすために必要な100%以上のビタミン、ミネラル、様々な抗酸化栄養素などを補給。血の循環を助け、体内浄化をサポート。生理痛の緩和、生理不順の改善は健康な体作りからです。

デイリーバイオベーシックスには
一日分のこのような栄養素が含まれています!

罫線大 緑

ビタミンA:にんじん113g以上、またはブロッコリー227g以上、芽キャベツ850g以上
―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
ビタミンC:バレンシアオレンジ5個分
―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
ビタミンE:アーモンド312g分
―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
ビタミンB-1:ヒヨコマメ9カップ分、およびゆでたキノコ9カップ分―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
ナイアシン:レンズマメ10カップ分、およびパパイヤかマンゴー8個分
―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
カルシウム:にんじん8カップ分、およびキャベツ8カップ分、およびブロッコリー8カップ分
―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
セレン:くるみ2キロ分
―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
葉酸:いちご340gおよびくるみ170g
―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
亜鉛:カボチャの種142g分およびミックスベジタブル5カップ分
―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
大豆から抽出した天然のイソフラボン、カロチノイド複合体、ルテイン、リコピン、グルタチオン
イチョウの2裂葉、カークミノイド、アルファリポ酸、緑茶などの強力な抗酸化物質
―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――

お得にデイリーバイオベーシックスを購入する方法

●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●

通常購入で7100円のデイリーバイオベーシックス。(一か月分/送料1600円)

⇒◆定期購入申し込みをするだけで・・・・
①商品自体が7100円→6400円に!(700円off)

②送料が1600円→1000円に!(600円off)

合計で1300円もお得に買えちゃいます。

「デイリーバイオベーシックス」の購入、詳しくは≫

薬に頼らなくても、日々の心がけ次第で生理不順は改善できる場合が少なくありません。
ぜひご自身の生活習慣やストレスの原因など自分を客観的に見つめなおし、自分のカラダのために改善を図りましょう!

生理不順が改善できれば、自分で自分の生活リズムを正しく管理できている証拠です!
ぜひ内面も外面も磨いた大人の女性に進化しましょう!

健康・ダイエットランキング

 - 生理不順とは?, 生理不順と改善法