生理痛・PMS対策おすすめサプリ口コミと体験談

生理痛、PMS、女性の憂鬱を緩和してくれるサプリメント、便利グッズをご紹介!憂鬱イベントをステキな7日にしよう

*

月経困難症、月経前気分障害PMSって何?

   

PMS月経前症候群、月経前気分障害ってなに?女性ホルモンの乱れで起こるPMSは月見草ハーブサプリメントがおすすめ

PMSってなに?

最近テレビや病院のパンフレットやポスターで見かけるようになったこの三文字。これはPre Menstrual Syndromeの略で月経前症候群です。月経がはじまる10日-長い人で二週間前から始まる様々な不調のことで、生理が始まってから消えるのが特徴です。そのため生理痛(月経困難症)とは違うものと判断されます。

生理が始まる前は黄体ホルモンが優位になり、基礎体温もアップしていきます。その時期に心と体にいろんな症状が現れます。

なぜPMSになるの?理由と原因

ホルモンの乱れでセロトニンが減ってしまう

セロトニンとは脳内でアミノ酸から作られるホルモンです。これがたくさんあればポジティブで明るい気持ちになります。逆に不足していると不安感が生じたり消極的になったり、イライラしたりします。うつ病やパニック障害といった精神疾患も往々にしてセロトニンの不足によって生じます。

排卵後、女性の体内の卵胞ホルモンの分泌が減少する影響で脳内のセロトニンも減少。結果気持ちがふさぎ込んだりイライラしたりすると考えられています。

ストレスや環境の変化と重なると悪化

もともとPMSがないような人でも、生理前の時期に仕事上のストレス、家族の問題、環境の変化などがあり緊張状態が続いている場合、気持ちが焦ったりイライラしたり不安感が募ったりします。また通常からPMSがある場合はより悪化し物にあたってしまったり注意力散漫でミスをしやすくなったりします。

黄体ホルモンの増加で体調が乱れる

排卵期から月経期までのあいだ黄体ホルモンが増加していきます。このホルモンは体の臓器に大きな影響を与えると考えられており、結果便秘や下痢、肌荒れ、疲労感、頭痛といった症状に表れます。

 

PMSのカラダの症状は?

肌荒れ
ニキビ
倦怠感
頭痛
胃痛
下痢
便秘
食欲が増える・減る
性欲が増える・減る
腰痛
肩こり
胸のハリ
下腹部の鈍痛

PMSの心の症状は?

PMS月経前気分障害はセロトニンが減少するせいでイライラ、不安感、心が不安定になります。イライラする
やる気が無くなる
脱力感
集中力がなくなる
怒りっぽくなる
躁鬱の差が激しい
突然泣きたくなる

間違われやすい病気

PMSは感情面で症状が出やすいため、精神病かと疑い、精神科を受診される方がいます。精神科に行けば確かに脳内のセロトニンを増やす薬を処方してくれ、一時的に気分が回復するかもしれません。しかし根本の原因は女性ホルモンの乱れ。ここを改善しない限り完治・根本改善は期待できません。生理前に始まり、生理が始まるころに終わるのであればPMSかもしれません。婦人科を受診しましょう。この始まる時期と終わる時期、さらに毎月あるのか?がポイントです。

 

PMSには月見草ハーブがおすすめ!

月見草ハーブは女性ホルモンの材料必須脂肪酸を補給。PMSを緩和し、イライラや不安感を鎮めます。イブニングプリムローズオイルイブニンフプリムローズオイル

月見草という名で知られるハーブは女性ならではの悩みを緩和してくれることで知られています。月見草(イブニングプリムローズオイル)は女性ホルモンの材料となる必須脂肪酸(EFAs)を補給してくれるので女性ホルモンバランスを整えます。

また必須脂肪酸は血行を良くし美肌にする効果もあり、肌荒れしやすい生理前生理中の女性には嬉しい!

また月見草は不足するとイライラ、不安感が募りやすいと言われるガンマリノレン酸を多く含み、生理前のイライラ、不安感、やる気のなさを改善。

公式ページへはこちら

 

 

健康・ダイエットランキング

 - PMS月経前気分障害って何?