生理痛・PMS対策おすすめサプリ口コミと体験談

生理痛、PMS、女性の憂鬱を緩和してくれるサプリメント、便利グッズをご紹介!憂鬱イベントをステキな7日にしよう

*

妊娠出産を境に生理が減ったり増えたりするのは異常?

   

妊娠出産を境に女性は30代頃から生理が増えたり減ったり変化する

妊娠・出産で生理が変わった?これって異常?

多くの女性が30代ごろの妊娠・出産を境に生理量が増えたり減ったり、周期が長くなったり短くなったりといった変化を経験しています。これは女性ホルモンが多いく変化する妊娠・出産後nよく見られる傾向です。

結婚、妊娠、出産といった女性にとって嬉しい経験が続く20代後半から30代は生殖器の面でもピークの時期。30代が女性ホルモンのピーク、そして生殖器が成熟期を迎え、妊娠、出産に適した体になり、女性ならではの美しさを一番発揮できる時ともいえます。この時期が妊娠出産の適齢期と言えます。

妊娠・出産後生理量が減った人

30代が女性ホルモン、生殖器のピークといえば聞こえはいいですが、その後老化という下降の一途をたどるちょうどその境目でもあります。女性は35歳卵巣の老化が始まり、女性ホルモンの分泌が徐々に少なくなってきます。その後閉経に向けて、生理が少なく、期間が短くなるという人もおられます。

周期が3-4日に減り、量も少なくなったため生理痛が随分楽になったと言われる方もおられます。

妊娠・出産後生理が増え生理痛が酷くなる人

逆に大きな転機を境に生理が増え、生理痛が重くなる人もおられます。
妊娠や出産は女性ホルモンが大量に分泌されるので、それを期に経血量が増えたり、生理痛がひどくなったり、月経前気分障害と言われる、気持ちの不安定、イライラ、頭痛、腹痛、腰痛も重くなる場合があります。

あまりにこの症状がひどい場合は婦人科に行き、「低用量ピル」という薬で症状を和らげることもできます。
薬を飲むほどではないと感じられる場合は生活習慣でも十分に改善できます。

女性ホルモンを整える大豆イソフラボンを摂ろう!

生理痛、生理不順には女性ホルモンの働きをする大豆イソフラボンがおすすめ妊娠、出産を境にひどくなる生理痛は女性ホルモンのバランスが乱れていると考えられます。この点大豆イソフラボンは体内で女性ホルモンと同じような働きをするため、女性用のサプリメントにもよく含まれていますね。生理痛、更年期症状を緩和することから、女性は意識的に摂ることが勧められています。一日に摂取するよう勧められているのは50mg。
豆腐でいえば半丁ですのでお昼ごはんだけで十分摂りきれる量ですね。

同じように大豆イソフラボンが含まれているのは、大豆からできた厚揚げ、油揚げ、納豆、みそなどです。
特に納豆に含まれるパントテン酸はストレスを緩和し、イライラを和らげてくれる働きもあります。生理前、生理中、更年期のイライラの時にはダブルで嬉しい食べ物ですね!!

 

ストレスを無くし、心身をリラックスさせる

心身ともにリラックスさせることは生理痛、生理不順を和らげるストレスや緊張、リラックスと緩和に大きく関わっている「自律神経」は「女性ホルモン」を司る脳の視床下部というところでコントロールされています。女性ホルモンと自律神経は密接なかかわりがあり、片方がバランスを崩すともう片方もバランスを崩してしまいます。育児疲れ、仕事疲れ、家事疲れ、人間関係の悩みなどで脳が緊張しっぱなしでイライラしたり心が疲れている場合、往々にして女性ホルモンも乱れています。

子供がいるとなかなか自分の時間がとれないものですが、一日1時間、お子さんが寝た後や学校に行っている間など自分を十分にリラックスさせてあげる時間と余裕を持ちましょう。

しっかり睡眠時間を確保

女性ホルモンを整えるためにはしっかりとした睡眠覚悟が大切。生理痛、生理不順の人は意識的に早寝早起きをして女性ホルモンを整えましょうホルモンは睡眠時にたくさん生成されます。しっかり睡眠時間を取ることは免疫力を上げるはもちろん、生理痛、生理不順緩和にも不可欠です。さらに体をリラックスさせ、ポジティブな気持ちを促すセロトニンは日光を浴びる事でアップします。昼夜逆転の生活ではなく、きちんと早寝早起きし、短い時間でも外に出て日光浴するようにしましょう。

 

漢方・サプリメントに頼る

病院に行くほどでもないけど、女性特有の悩みを少しでも改善できたら・・・。と思うなら漢方、サプリメントを摂りいれるのも一つの方法です。漢方、サプリメントは化学物質が入っておらず、自然素材のハーブや野菜、果物から普段摂りきれない微量栄養素をしっかり補う事ができます。

生理不順におすすめサプリメントランキング

健康・ダイエットランキング

 - 妊娠・出産後生理痛・不順が酷くなる?