生理痛・PMS対策おすすめサプリ口コミと体験談

生理痛、PMS、女性の憂鬱を緩和してくれるサプリメント、便利グッズをご紹介!憂鬱イベントをステキな7日にしよう

*

低用量ピルで生理痛を緩和する。副作用は?

   

生理不順を整えよう。28日周期が一番健康で子宮卵巣に負担のかけない周期です。

低用量ピルが生理痛治療に使用されるようになった

体質や仕方のないものとして片づけられていた生理痛が、「月経困難症」「月経前気分障害」といった病名がつき、婦人科で治療の必要性のある疾病など位置づけられました。

いままで「生理痛ごときで」「生理痛くらいで」と言われ、痛みを理解してもらえなかった人にとってはとてもうれしい変化です。婦人科に行くと大抵「低用量ピル」という薬で生理痛を緩和させたり、子宮内膜症の進行を抑えたりする処置がとられます。

低用量ピルってなに?

低用量ピルは女性ホルモンの分泌を調整し、妊娠しにくくしたり経血の量を減らすことができます。そもそもピルの主成分は「卵胞ホルモン」と「黄体ホルモン」という女性ホルモンです。これらのホルモンを外から取り入れることで、卵巣から出るホルモン分泌の量を抑えます。

脳がすでに卵巣から妊娠に必要な女性ホルモンが分泌されたと勘違いするんですね。

「低用量」と名前が付けられているように、完全なピル(避妊薬)とは違い、毎月一週間きちんと生理があるのが特徴です。

もともと避妊薬として活用されていたピルですが、保険が適用されることもあり、最近では月経困難症・月経前症候群に活用され始めています。

例えば生理痛のひどい女性は、子宮内膜が厚く、排出量が多いため子宮に負担がかかります。しかしこの低用量ピルを利用すれば、生理時に排出する子宮内膜を薄くし、経血を少なくします。

そのため月経困難症が軽くなったり、月経前の頭痛、腹痛、肌荒れを抑えることができます。

女性ホルモンが乱れやすい更年期に活用される方もおられます。自分の生理周期と薬のタイミングが合えば、生理痛を楽にし、さらに女性ならではの気持ちの問題や肌の問題も解決することができます。

しかし化学物質をつかって女性ホルモンをコントロールするのにはリスクも伴います。

ピルの副作用とは?

低用量ピルは胃を荒らし吐き気をもよおす副作用がある

私も子宮内膜症の治療のため用いたことがありますが、吐き気がひどく、胃を荒らす場合があります。
またエコノミー症候群と呼ばれる血栓を引き起こす可能性もあります。

さらに、情緒が不安定になったり、イライラしたり、頭痛がしたり、胸(乳房)が張ることもあります

もちろん用法用量を守って使用していけば徐々にこれらの症状は和らいでいくと言われていますが、もし副作用があまりにひどく、日常生活に支障をきたすような場合は担当医に指示を仰いでください。

薬には頼りたくないわ、という自然派女性の間では女性ホルモンを整え生理痛を緩和させるために自然派のハーブや野菜を用いたサプリメントや漢方を用いることが流行っています。

サプリメントや漢方は即効性はありませんが、自然治癒力を上げ、健康の底上げをしてくれるので生理痛・生理不順の根本解決に選ばれています!

健康・ダイエットランキング

 - 低用量ピルで治療する, 生理痛・生理不順緩和法