生理痛・PMS対策おすすめサプリ口コミと体験談

生理痛、PMS、女性の憂鬱を緩和してくれるサプリメント、便利グッズをご紹介!憂鬱イベントをステキな7日にしよう

*

サプリメントの効果的な飲みかた

   

生理中は水不足になりやすい。便秘と肌荒れになりやすい原因

せっかくサプリメントを飲んでいる以上は効果を最大限発揮してほしいですよね!

でも意外にも知られていないサプリメントの正しい飲みかた。今日はこの場を借りて効果的なサプリメントの飲みかたをご紹介したいと思います!

サプリメントに明確な指示はない

生理痛に効果のあるサプリメント

サプリメントは薬のように「●●に必ず飲んでください」といった明確な規則はありません。これはサプリメントが薬事法で「食品」と定められているからです。食品は飲む時間帯などは決められていませんよね。「ラーメンはいつ食べて下さい」なんていう決まりがないのと同じです。

でも一方サプリメント大国のアメリカではサプリメントは「食品」と「薬品」の間に位置づけられています。つまり食品より薬に近い。もちろん薬のように何かの予防や治療の目的で作られてはいませんが、おなかを膨らませるための食べ物と違い、「健康になりたい」「綺麗になりたい」という目的意識をもって飲まれるべきものです。

健康意識の高い方が飲むわけですから、胃の中でしっかり吸収され栄養補給されることが期待されます。

サプリメントは水かぬるま湯で飲もう

サプリメントは水で飲むべき

https://jp.pinterest.com/pin/121034308715504335/

カテキンの含まれるお茶や、カフェインの含まれるコーヒーで飲むのはご法度。サプリメントが本来の効果を発揮できない可能性があります。またグレープフルーツと一緒に飲むと効果が倍増するようなものもありますが、基本的には水、もしくはぬるま湯で飲みましょう。カラダを冷やさないように意識している人はぬるま湯がオススメです。

またシェイク型のサプリメントは時に牛乳や豆乳で飲むことをお勧めしているものもあります。サプリメント製造会社がオススメしている場合は別として、特別な指示がない場合は「水で飲む」が基本です。

サプリメントの目的別で飲むタイミングを変更

サプリメントの効果的な飲む時間?いつ飲めばいい?

https://jp.pinterest.com/pin/121034308715518629/

サプリメントには栄養補給のために飲む物と、満腹感を促してダイエット効果を図るもの、質のいい睡眠を促すものなど様々です。

栄養補給目的のサプリメントは?

例えば生理痛を和らげるため、アンチエイジングに、また妊活・発育のための葉酸サプリなど、ビタミンやアミノ酸などをしっかい胃腸で吸収してほしい場合は、「食後」がオススメです。
食事をした後は胃腸が消化吸収に尽力を注ぎ、栄養吸収効率はマックスです!朝ごはんを食べた後にお水で飲むのがイイでしょう。

ダイエット目的のサプリメントは?

満腹感を促し、食べ過ぎを抑えるダイエットサプリメントがあります。例えばグルコマンナンが含まれているようなサプリがそれにあたります。飲んでから胃腸でグルコマンナンが水を吸収して膨らみ、満腹感を促します。

また糖の吸収を抑えてくれるサプリメントもあります。これらは食前に飲んでこそ効果があるサプリメントです。特にグルコマンナンのように満腹感を促す効果のある成分が入っている場合は、食前一時間前に飲むとちょうど食事時にほどよく満腹感を感じることができますよ!

質の良い睡眠を促すサプリメントは?

眠りを促すハーブと、明日に疲れを持ちこさないための栄養素が入っているようなサプリメントはもちろん寝る前がオススメ。就寝一時間前くらいに飲むのがいいでしょう。

サプリメントの飲みすぎには注意!

栄養補給が大事だからと言ってたくさん飲めばいい訳ではありません。栄養素にも推奨摂取量が決められており、それを超えると胃を荒らしたり、下痢気味になったり、頭痛がするなどの副作用が出る場合もあります。いい栄養素でも摂りすぎは毒になりえることもあります。基本的にサプリメントにかかれている用法用量を守って飲めば問題がありませんが、個人的にたくさんのサプリメントを購入しいっぺんに飲む場合、規定量を超えてしまうかもしれません。

いろんなサプリメントをいっぺんに飲みたい場合は、それぞれに含まれる栄養素を合計した場合、推奨摂取用を超えてしまわないか確認するのがイイでしょう。

妊活中に飲むべき栄養素、妊娠中に飲んではいけない栄養素

妊娠中に飲んではいけないサプリメント

https://jp.pinterest.com/pin/121034308715532344/

妊活中は積極的に摂るべき栄養素でも、いったん妊娠すると胎児に影響を与え摂取をストップすべきものもあります。例えばピクノジェノールは血をサラサラにし子宮や卵巣のエイジングケアにも期待できるとあって妊活中にピクノジェノール配合のサプリメントを愛用される方が多いですが、筋肉をほぐす効果があることから早産を促す危険性もあります。妊娠が発覚したら服用はストップした方がいいでしょう。

またチェストベリーサプリメントも女性ホルモンバランスを整え、妊娠しやすい体にしてくれるとあって妊活中の人に人気です。しかし妊娠中は服用をやめるべきだと言われています。というのも女性ホルモンにダイレクトに影響を与えることで胎児の成長に悪影響が出る可能性があるからです。

妊活中は積極的に摂取すべきなのに、妊娠発覚後は注意が必要なサプリメントはたくさんあります。カラダの現状に合わせたサプリメント選びが大切です!

服用中の薬があるときは要注意!

サプリメントの服用はお医者さんの指示を仰いで

https://jp.pinterest.com/pin/121034308715574561/

サプリメントはほとんどの場合自然派の素材から取られています。いわば「飲むサラダ」。薬事法では「食品」に位置づけられるわけですから、副作用はあまりありません。しかしもし服用中の持病の薬などがある場合、まれにサプリメントに入っている栄養素との兼ね合いが悪く、両方が両方の吸収を阻害し、本来の効果を発揮できなくなる可能性もあります。

もし服用中の薬があるときは必ず主治医の先生に相談するのが良いでしょう。

 

健康・ダイエットランキング

 - サプリメントの効果的な飲みかた, サプリメント基礎知識